杉尾ひでや氏のポスター配布開始

SSR通信0517】 <杉尾さんポスター差し上げます> 

poster

 この度、民進、共産、社民の県内3党と信州市民連合との合意によりまして、野党と市民の統一候補・杉尾ひでやさんと&ジャーナリスト・鳥越俊太郎さんとのオリジナルの二連ポスターを作成いたしました。

ポスターを下記の要領にて配布いたします(無料)。ポスターの特徴等については下記をご覧ください。


ポスターは、今日にでも、屋外でも、掲示していただけます。このポスターを、皆さまとともに総力を挙げて県内すべての市町村に、1枚でも多く掲示していきましょう。一ヵ所一枚、一ヵ所複数貼り、両面貼り、知人友人に声を掛けて貼っていただけるようお願いするなどなど、広げていただけるとありがたいです。


●ポスターの特徴
①民進党の政党ポスター(サイズ:A1, 594×841mm)
②野党と市民の統一予定候補、杉尾ひでや氏と、ジャーナリスト鳥越俊太郎氏との二連ポスター
③屋外掲示用(風雨に強いです)
④道端、家の壁、塀、畑などの場所に掲示可(ただし、その場所の所有者の許可は必要です)
⑤参院選公示「前の日」まで掲示可(公示日以降、選挙期間中は掲示不可。公示日までに剥がしてください)
⑥ポスターはどなたにもお渡しできます。
⑦在庫が無くなり次第終了です。早めにお申込ください。
    
●ポスター入手方法
・団体名(または個人名)・居住地・必要なポスターの枚数 を下記までメールで申し込み、以下まで取りに行く。
メール ssr@7colors.org(信州市民連合事務局)

ポスター受け取り場所(平日9時~17時)
5
17日現在、松本の一ヵ所で配布しています。

390-0811 長野県松本市中央4丁目7-22 松本勤労会館1

(松本勤労者福祉センターと同じ敷地内)

http://www.mapion.co.jp/m2/36.23301727,137.97721473,16/poi=0263356286-001

松本地区労組会議  電話 0263-33-9513

※留守の場合もありますので、必ず電話した上で、取りに行くようにしてください。

 

※今後は、県内数カ所の「拠点」、ポスターを取りに行っていただけるように準備をしています。準備が整い次第、信州市民連合のフェイスブック、ホームページやメールマガジンでお知らせいたします。

※ポスターの個別配送については別途ご相談ください。(着払い配送対応となります)

※メールマガジンの登録がお済みで無い方は、登録をお願いします(無料)。登録はこちら⇒ http://7colors.org/ssr/entry/


>>>>>>>>>

信州市民連合事務局 ssr@7colors.org
★★賛同の輪を広げてください★★

賛同人受付 http://7colors.org/ssr/

Facebook https://www.facebook.com/shinshushiminrengo/
twitter
フォローお願いします @Ssr02Ssrinfo

 

杉尾ひでや氏を迎えたイベント 4/26

中軽井沢での集会(4月26日)の様子です。

信州市民連合では、賛同団体、賛同個人を随時募集しています。賛同されると不定期メルマガをお読みいただけます。費用は一切掛かりません。詳しくは、ホームページをどうぞ!

信州市民連合 ホームページ http://7colors.org/ssr/

(杉尾ひでや氏のfacebookより転載)

「安保法制と立憲主義を考える集い」 この度、安保法制の廃案と立憲主義の回復を求める軽井沢広域町民連合が出来、会の主催で今夜、上記の集会が軽井沢町で開かれました。地元の町会議員や前軽井沢町長、それに寺島前衆議院議員を始め、様々な立場の皆さん100人近くが出席し、立憲主義と議会制民主主義をないがしろにする現政権のやり方に対する危機感を共有しました。この会は特定政党や組織に支配されない町民運動を展開するとの事で、こうした活動が県内各地に今後広がって行けば、私としても非常にありがたいです。声を掛けて下さった北京大学名誉教授の佐藤敬治先生、本当にありがとうございました。

sugi_4_26 sugi_4_26_1

憲法をお茶の間に~新刊本のご案内

連載「憲法をお茶の間に 中馬清福さんに聞く」が、新刊本「教えて中馬さん! 幸せのための憲法レッスンに生まれ変わりました。

長野県中信地区の信濃毎日新聞に折り込まれる「松本平タウン情報」で、5年半連載されていたフリーライター金井奈津子さん執筆の「憲法をお茶の間に 中馬清福さんに聞く」(第20回平和・協同ジャーナリスト基金賞 荒井なみ子賞受賞)。

その108回分の連載から、「今、必要なこと」を厳選。連載を始めるまでの経緯、1200字(1回分)に入りきらなかったことや最後のインタビュー(4時間分)の内容も収録し、新刊本「教えて中馬さん! 幸せのための憲法レッスン」として生まれ変わりました。

この本がすばらしいのは、中身だけではありません。 この本の印税はすべて、中馬さんの遺志である「平和を守る市民活動」の資金に使わせていただけるというのです!

以下、著者の金井奈津子さんのコメントです。

「私は、25歳まで選挙にも行かず、数年前までは、『憲法のけの字も知らない、興味がない』という人間でした。

そんな私が、母の本能で、いわゆる『きな臭さ』に反応。無謀にも、信毎主筆の中馬さんに教えを請い、『憲法は、自分や自分の大切な人を守る術』だと気づいて行く、オバチャン版『ビリギャル』ストーリーです。

この夏に選挙権を持つ方など、若い方々に届いてほしいと願っています。お孫さんや親戚のお子さん、子育て中のママへのプレゼントにぜひ! そのため、『リボンが似合う表紙』にもこだわりました。

お読み頂ければ嬉しいです」

ぜひ、みなさま、ご購入いただきまして、著者と中馬さんの思いを広めていただければと思います。ご注文は、お近くの書店か、かもがわ出版まで!